リープSA

今日気づいたこと。
波動は強制たちくらい。しゃがみくらいの相手に波動SAをすると波動が当たった時点から攻撃力が減る。立ち状態の相手だと、生SAと波動SAのトータルダメージはほぼ同じ。
立小KからノーキャンでSA2がつながる。
移動リープは、レバー前+中PK>1F後レバー離し。で出る。

一応こっから本題。
屈み状態の相手にリープ>メッパが簡単につながる距離のとり方を調べたので書いときます。

1)屈小KPK
ヒューゴ・エレナ・イブキ・オロ・マコト・ユリアン・レミー

2)屈小K×3
アレックス・ダッードリ

3)近中P>屈中P
チュンリ・ユン・ヤン・ゴウキ・ネクロ・12

4)近大P>
胴着・Q

補足
・すべて密着から技をあてて離れた位置からリープ。
・相手が早い段階から立ちガードをする(レバーを後ろに入れる)と後退するのでリープがすかる。
 ただし画面端なら後退できず、斬空重ねから技を当てればブロもとられにくい。
・一部を除き相手が立ち状態だとリープが手前で落ちるので多分ブロられない。投げもスカる。
・1~3のグループは下中Kがつながる。(ダッドリー・ユリアン・ネクロ除く)
 TCをゆっくりすればダッドリー・ユリアンも下中Kがつながる。
・ダッドリーとヒューゴは、リープ>下中Kがつながれば小竜巻が入る。
・各グループ外のキャラでも、小KPKの最後を立ちにしたり移動リープや一瞬歩くなどで
 リープがあたったり、最下部ヒットになる。
・他、近大K屈くらい後、それ以外でも色々方法がある。
[PR]

by goukizm | 2010-06-09 00:42 | 技術考察

<< ユン戦 光明の兆し?    遠中Pについて >>