遠中Pについて

遠中Pはゴウキの技の中でもなかなか特殊です。
立ち回りで立中Kを多めに使う人には遠中Pの出番はあまりないでしょうし自分としても割り込みにたまに使う程度でした。でも最近は意識して使いどころを絞れば使える技なのでは?と感じています。

【遠中Pの特性】

1)キャンセルがいつでもかかる。

2)しゃがみくらいを強制立ちくらいにする。


1)キャンセルがいつでもかかる。について

ゴウキの中攻撃は、ヒットストップが終わってから2Fまでキャンセルを受け付けています。ただし遠中Pに関してはもどりのモーションのすべて(だと思う)にキャンセルがかかります。

と聞くと一見かなり便利そうなのですが実はそれほど恩恵を受けることはありません。
キャンセルの受付が長いというとまず最初にヒット確認SAを思いつきますが、遠中PからSAは早めのキャンセルじゃないと間に合わないのでメリットはありません。必殺技の場合も遅めのキャンセルでは距離が開き竜巻もつながらないのです。
ただ相手に「キャンセルする」と構えられていると簡単に竜巻や波動も赤ブロされたり、(百鬼を出していると)落とされる事もあるので、その辺のタイミングをずらして意識の外から攻める事は可能なのかもしれませんね。

2)しゃがみくらいを強制で立ちくらいにする。について

今ちょっと注目しているのがココの部分です。
相手の飛び込みをブロった時やブッパの報復として下中Kから小竜巻を入れようとすると、相手がしゃがみくらいでスカる事がままあります。なので大体は下中K>中竜巻>中昇竜 といくのが常套手段。ただ、そこを「遠中P」始動にすれば強制的に立ちくらいになり小竜巻も入ってくれるので取りこぼしが無くなる・・・というか、追撃の難度が下がるのと、追撃のバリエーションが増える事でその後の択もかけやすくなるんじゃないかな、と考えています。もちろん相手と密着すると近中Pが出るのでなかなか思うようには使えないという現実もあります。

また別の使い道として、下小K>遠中Pという連携から竜巻をだすというのも考えてます。
密着から小足を一発ガードさせたくいらの距離で下ブロをつぶして小竜巻を当てることが出来るのはこの技だけ。食らうときはしゃがみ状態から立ちくらいになるので、それが確認できなければ使えそうです。


【遠中Pのあたらないキャラ】

当たり前ですが密着では遠中Pが出ないので、ブロ後やブッパの報復として使うのなら場面も限られます。また、座高が低くて遠中Pがスカるキャラも割りといます。

イブキ・オロ・エレナ・チュンリ

コイツら(特に前二人は)なんにつけてもゴウキにとって相性が悪いですねホント。
[PR]

by goukizm | 2010-06-07 09:02 | 技術考察

<< リープSA    行動時の移動ドット数 >>