百鬼Pのポテンシャル2

前回の『百鬼Pのポテンシャル』からの続きです。

リスクリターンは都合のいいようにしか考えていないので、はっきりいって無駄な検証かもしれませんが、そこは度返しして、こういう事を考えるのを楽しんでいるという旨ご了承ください。

さて前回の話を軽くおさらいすると、

第1の使い道が、めくり
第2の使い道が、投げスカリに叩き込む。
第3の使い道が、スライディングとの2択。

その第3の使い道について妄想中だったのですが、色々数字的な物をしらべてみました。

百鬼Pの最下部あてとスライディング最速HITのフレームの差は3F。
ガードをするならリバーサルで1F~2Fだけ中段をガード入力をし、その直後には下段ガードを入力しておかなければいけません。

この状況を正確に効率的に再現する方法

1・リュウ相手に大竜巻をHITさせる。
2・技の硬直がとけた同時に下中Pをふる。
3・相手がQSをする。
4・下中Pの硬直が解けた瞬間中百鬼を出す。
5・Pを押すタイミングは感覚。(ダメージバーからゴウキの手がみえたくらい)。スライディングはそのまま放置。


相手側の反撃パターンは3通り。

A・ブロ仕込み投げ
B・上段ブロ→下段ブロorガード→反撃
C・リバーサルで出の早い無敵技で潰す

という事になります。


Aのブロ仕込み投げについて

c0217420_7471045.gif


起き上がりと同時に投げ(リバーサル投げ)が発動すると百鬼Pに潰されます。
なので、ブロ投げをするなら起き上がる前に前入力をしておき、起き上がったと同時にブロになるようにします。そしてそのフレームで投を入力。それ以降に投げを入力すると、スライディングがきたときに負けます。

つまり、ブロ投げが機能するのは起き上がり直後の1Fに投げを入力したときのみ。と言うことがいえます。

更に、手の先があたるように百鬼を小Kで出せばブロられても投げられません。(リュウ調べ:投げ間合い24ドット)その投げがスカった場合、ゴウキ側が+8F有利です。

また、図に示したとおり、百鬼Kなら投げを潰すことが出来ます。


Bの上段ブロ→下段ブロorガード→反撃について、

c0217420_7472421.gif


入力のタイミングがシビアとはいえ、ブロ仕込み投げを完璧にこなされると百鬼Pとスライディングの2択は機能しません。1つの動作で対処されてしまいます。しかし、原点に立ち返り百鬼Kを織り交ぜることでブロ仕込み投げを潰すことが出来るのは前図で示した通りです。ただしこれは、今回の図にあるとおり前・下ブロで対応されて反撃が確定します。ブロミスしないようガードすれば百鬼Kもガード可能。
おそらくこの対処がもっとも有効な対応手段になると思います。


Cのリバーサルで出の早い無敵技で潰すについて

起き上がりに百鬼Pを重ねた場合リュウの昇竜のように上半身無敵系の技になら一方的に勝てます。Pを押さずにスライディングにした場合は相打ち。(スライディングを完璧に重ねれば一方的に勝てます)

c0217420_2145248.jpg

c0217420_21453097.jpg


もちろん完全無敵技には一方的に負けます。


最後に対処されたときのリスクは以下の通り

百鬼K : ブロ-4F / ガード+12F
百鬼P : ブロ-17F / ガード-3F
スライディング : ブロ-26F / ガード-11F
[PR]

by goukizm | 2010-05-06 22:16 | 技術考察

<< 百鬼のポテンシャル3(訂正)    百鬼Pのポテンシャル >>